二次会景品の上手な選び方

二次会が盛り上がるかどうかは景品で決まる!

二次会の幹事になったけど「どうやったら盛り上がるんだろう?」「楽しんでもらうにはどうしたらいいのだろう?」って思うことがあると思います。
自分も今まで何度か幹事をやりましたが、会場選びや演出等いろいろ考えなければならないことがたくさん。
3日くらい前から当日無事終わるまでずっと緊張しっぱなしです。
会場なども盛り上がるかどうかの1つの要因になりますが、実は二次会が盛り上がるいかどうかの1版の要因は「景品」で決まります。
「参加者の欲しい景品を用意することができるかどうか」が景品選びのポイントになってきます。
もちろんギャグの外れ景品もいれてもいいのですが、1つか2つくらいにして、あとは本当に欲しいと思ってもらえる景品を用意しましょう
ではどんな景品が欲しいと思ってもらえるかですが、高額な物はもちろん喜ばれるのですが、予算もあると想いますので
メイン景品は1〜3万円くらいのもので「自分では買わないけど欲しい物」を景品にするとかなり喜ばれます。

 

自分が今まで選んだ景品の中ですごい盛り上がった景品があります。

 

それは・・・・・松阪牛 です。

 

自分たちの年代で松阪牛を食べたことがあるという人は少なく、1度食べてみたいという声が多かったです。
松阪牛は日本人なら誰でも知っている最高級のお肉ですので、喜ばない人はいません。

 

でもナマのお肉を用意しておいたり、当選者が持って買えるのは大変そうと思う方もいると思いますが、
二次会の景品用松阪牛目録セットならそんな心配もいりません。

 

何とA3サイズの巨大パネルと目録がついていて、当選者に目録を渡すだけなんです。
目録の中には松阪牛の引換券が入っていて、好きな時に郵送で申込できます。
もちろん送料や郵便代もかかりません。
幹事も当選者さんも楽ちんなんです。

 

これ自分も何回か利用しましたが、毎回盛り上がり方がスゴイんです。
松阪牛のパネルが登場した時のみんなの反応は他の物と比べて歴然の差でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対盛り上がる!二次会の景品選び

結婚式の二次会は、新郎新婦の親しい友人の方が幹事となって、準備を進めるケースが多いと思います。ビンゴやクイズなどのゲームの景品を揃えるのも、幹事の重要な役目のひとつですね。数人の仲間が集まっての景品選びは、楽しい反面、明確な基準がないままなかなか進まないということも多いのではないでしょうか。

 

景品を選ぶ際には「使えるもの、便利なもの」「自分では買わないが、もらったらうれしいもの」「意外性があり、一つしかないもの」などが最適です。

 

 

 

■使えるもの、便利なもの

 

いくつあっても困らない安価な日用雑貨は、参加者の多くの手に行き渡る景品として最適でしょう。ミニタオルやティースプーンなどは数百円でもセンスの良いものが手に入ります。ひとつひとつに新郎新婦からのメッセージなどを添えれば、小景品といっても、記念に残る特別なギフトになります。

 

 

 

■自分では買わないが、もらったらうれしいもの

 

少しランクの高い人数限定のギフトに適しています。特におすすめしたいのは、テーマパークのチケットや、高級レストランの食事券など。オンリーワンではありませんが、誰からも喜ばれること間違いありません。遠方から来るゲストが多い場合は、使い勝手も考えて、旅行券などを選んでも良いでしょう。
上記でも紹介した松阪牛もコレです。他にも二次会景品の専門店景品いちばでもいろんな景品を販売してくれています。

 

 

 

■意外性があり、一つしかないもの

 

優勝賞品のような、特別なギフトは、世界に一つしかないものを選ぶと大きく盛り上がること間違いありません。新郎新婦のこだわりも見せたいところですね。手作りを得意としているカップルなら、心を込めて作った手製の品で日頃の感謝を伝えることもできます。新郎新婦が旅行先で特別なおみやげを選んだり、地元の希少な名品を取り寄せるといったはからいも粋なものです。

 

<参考サイト>
結婚式二次会幹事道